江戸時代の夜って怖すぎやろ

スポンサーリンク

スポンサーリンク





1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)00:35:39 ID:77d
この時代に使われていた行灯は、豆電球ぐらいの明るさしかなかったらしいで
ほぼ夜は真っ暗でうっすら明かりが灯るだけ、だから怪談が流行ったのかもしれん

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1542641739/

3: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)00:37:44 ID:Xth
のっぺらぼうとか何で顔分かったん?

10: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)00:38:45 ID:77d
>>3
江戸時代の後期にはちょうちんや蝋燭が流行って、
それは懐中電灯並の明るさだったらしい

5: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)00:38:12 ID:RTw
月明かりがあるで

9: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)00:38:42 ID:str
この頃って普通に幽霊とか信じられてたんやろ

12: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)00:39:34 ID:KlQ
夜出歩かないやろ

15: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)00:40:29 ID:77d
>>12
6時ぐらいになったらもう暗いやん?それでこの明りはきついやろ

14: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)00:40:14 ID:S26
夜はしっかり室内にこもって
番所とあと番所とはべつに旗本の手下の侍どもがそこら中にいて警備してたらしいな

18: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)00:44:11 ID:icU
星は綺麗やったやろなぁ

19: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)00:45:36 ID:77d
しかもいちいち明りつけるのに火起こさないといかんし
ワイがこの時代行ったら耐えられないわ

20: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)00:46:44 ID:Lms
娯楽という娯楽はないやろな

25: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)00:48:48 ID:tGB
田舎やったらわかるけど、月明かりってすげえ明るいで

27: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)00:49:17 ID:77d
>>25
一応見えないこともない・・・のやろか?

35: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)00:53:59 ID:G82
江戸時代なんて天道様が昇ったら起きて沈んだら寝る生活やろ
時を告げる鐘(丑の刻とかいうやつ)も昼の長さを基準にしてたから夏と冬で1時間の長さ違ったし

38: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)00:55:14 ID:77d
トイレ行く時とか大変やろなぁ

39: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)00:55:27 ID:G82
インターネットが無かったから人と話さないと何の情報も入ってこないんで皆陽キャだったらしい

52: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:03:49 ID:Z5I
江戸時代の2chってどんな感じやったんやろなぁ…

55: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:05:30 ID:I31
>>52
謀反起こしたったで候wwwwww

とかやろか

57: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:06:07 ID:77d
>>52
今でいう借り家の長屋は音丸聞こえだから隣人同士の結びつきが強くて、
ほぼ2chと変わらないレベルの文化を築いてた可能性

59: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:06:53 ID:G82
>>52
非匿名の掲示板みたいなもんやないか?
井戸端会議とか絶対ガールズちゃんねると同じような話題で盛り上がってたやろ

54: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:05:20 ID:8Uy
辻斬りもよくあったらしいしな

71: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:13:18 ID:TCp
真っ暗で暇やしみんなで集まってお話したろ!から落語やら怪談やらが発展したって聞いたで

76: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:17:03 ID:77d
>>71
そうなんか
確かにあれだけ暗いなら、創作の説得力はありそう

81: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:19:11 ID:jmG
>>71
闇に何かいるかもしれないっていう本能的な恐怖からも発展したってのは世界共通やな
だから白夜のある国やと明らかに妖怪の伝承が少ないらしいで

83: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:19:35 ID:77d
>>81
嘘松作り放題やろなぁ

74: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:14:52 ID:G82
当時の捜査方法とかガバガバっぽいしな
同心(今で言う警部or刑事)が岡っ引き(今で言う巡査)引き連れて適当に推理して書類書いて終わり
密室殺人とかやったら簡単に完全犯罪達成できそう

75: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:16:22 ID:I31
当時の捜査、裁判なんて
恨みあったらしいしこいつが犯人でええか!がほとんどやろ

77: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:17:44 ID:Z5I
江戸時代の頃おんJ民なにしてたん?

79: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:18:39 ID:G82
>>77
職人・浪人(内職屋)・遊び人・ごろつき・乞食のどれか(←に行くほどランクが高い)

80: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:18:50 ID:67A
>>77
長屋の隅でひっそり暮らしてるんやで

78: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:18:03 ID:3N3
仇討ち制度は有能やと思う
まあ仇討ちするにも許可が必要で認められなかったり失敗のが多かったって話もあるけどな

85: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:25:14 ID:G82
「手形」って言う指紋で個人の識別が可能という知識がありながら
事件の捜査に指紋鑑定は考案されていなかった無能
なろう小説が「ふむ…では指紋で凶器の持ち主が分かるのでは?」とか喜んでネタにしてそう

90: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:30:32 ID:TAH
>>85
まぁ当時は世襲制で何度か階級闘争起きてたくらいにナチュラルに格差社会やし事件なんて殆ど貧困層の「下々の住民」の間で起こったんだろうし言うほど正確な司法制度とか要らんかったんやろ
冤罪上等の世界よ

86: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:27:42 ID:3N3
一番魅力的な時代は明治の和と洋が混ざった雰囲気かな

113: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:40:14 ID:G82
メチャクチャ火災が多かったらしいな
どのくらい多いかって言うと、平時から家財はすぐ持ち逃げ出来るように一つの箱に閉まっているくらい
椅子や机みたいな家具とか置かないのも逃げ出す時に邪魔になる&どうせ火事で燃えるからとか

114: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:40:50 ID:0wn
江戸時代の庶民髪のセット面倒だから頭洗ってなさそう

117: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:41:40 ID:G82
>>114
洗ってないぞ、基本的に庶民はクシでフケを落として、洗うのは月1とかやったらしい
先頭では体だけ米ぬかで流して湯に使って終わりやぞ

118: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:42:51 ID:0wn
>>117
米ぬかって油吸うんや

115: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:41:08 ID:3N3
放火は極刑らしいしな
江戸で火事とかそら死人がヤバそう

116: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:41:26 ID:khf
まぁ木と紙で出来た住居やしなぁ
燃えたら止まらんやろ

121: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:45:35 ID:q6P
水を運ぶのは人力しかなくて消火活動は延焼しないように周りの家を壊すだけ
おまけに木造が連なってるからね。そら一度燃えだしたら消えないわ

124: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)01:52:23 ID:Qcs
火消しが持ってる旗?みたいなんてなんの意味があるんや?キッズの頃から時代劇見てて疑問やねんけど

130: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)02:03:40 ID:G82
>>124
纏でググるとより詳しく書いてあるが、当時は財政的な問題で統一された消防組織が作れなくて管轄とグループが小分けされてたんや、自警団的な消防団も多かったしな
その時自分の所属している消防団がわかりやすいように旗(纏という)を持たせたんやって
時代が下ると纏を持つ人はリーダー的な役割を持つようになって、自ら火災現場に突っ込んで目印になり
同時に「火が消せないと纏(リーダー)が死ぬぞ」って構成員を鼓舞する役目も持つようになったそうや

132: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)02:11:11 ID:TAH
江戸幕府とか言う度々財政問題に直面していた無能政府
前半に新田開発や河川事業やらに債権を発行し過ぎて後半では借金漬けになり身動きが取れなくなっていた模様

133: 名無しさん@おーぷん 2018/11/20(火)02:13:48 ID:SnB
でも金注いでただけあって上下水道の出来は世界随一だったお江戸

シェアする

スポンサーリンク

スポンサーリンク