漫画オタクのワイがオススメ漫画を紹介する その2

スポンサーリンク

スポンサーリンク





1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:33:54 ID:exi
ハロー! そして……グッドバイ!
今日も紹介してくんでよろしくメカドック

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1538307234/

2: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:34:37 ID:exi
21~40選までやるで

3: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:34:58 ID:1YE
多スギィ!

6: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:35:31 ID:exi
今回は少年誌系が多めになっとるから読んだことあるでっての多いかも

8: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:35:52 ID:exi
彼方のアストラ 篠原健太 全5巻 少年ジャンプ+(集英社)

少し未来の世界、毎年行われる行事の惑星キャンプへ行くために高校生8人+1人が集められた。
5日間過ごすだけのキャンプのはずだったが、突如彼らの状況は一変する。
凄まじく完成された作品。スタートからゴールまで考え抜かれたストーリーには正直脱帽した。4巻ラストは圧巻。
色んな作品がオマージュされてると思うんやけど、しっかり料理してオリジナリティを溢れさせとる。

41: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:55:25 ID:jVE
>>8
スケットダンスの作者か

44: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:56:32 ID:exi
>>41
せやで
短い上に密度がそれなりにあるから読み応えある

12: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:36:30 ID:i0K
途中まで読んでたけど5巻で終わってしもったんか
もっと続けられるやろ

17: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:37:54 ID:exi
>>12
ストーリー的には全5巻でちょうどよかったと思うで

16: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:37:09 ID:exi
アウターゾーン 光原伸 全15巻 週刊少年ジャンプ(集英社)

現実と隣り合わせにあるアウターゾーン。そんな不思議な世界に巻き込まれる人々の姿。
そんなアウターゾーンの世界を、ストーカーと呼ばれる案内人が我々を導いてくれる。
世にも奇妙な物語のような世界観を彷彿とさせる作品群。パラっと適当にめくって読んでも、どれも面白い。
個人的に作者の結末に対する考え方がすごく共感できる。フィクションくらいハッピーエンドが良いもんよ。

18: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:38:08 ID:kMR
アウターゾーンか
これ地味に実写化してるだよなぁ

19: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:38:45 ID:exi
桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? ぽんとごたんだ ~既刊 5巻 漫画アクション(双葉社)

食に対して異常なまでに偏執的な女子高生が担任の先生を巻き込んで食欲を満たす。
ただのグルメ漫画と侮るなかれ。出てくる食材は……読んでのお楽しみ。
ワイも食べてみたい(願望)。グルメ漫画もたくさんあるけれど、それらとは一線を画してる作品。
美味しそうに食べる女の子って可愛い……可愛くない? 人によってはちょっと苦手かもしれん。食材的な意味で。

39: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:54:22 ID:diw
>>19
面白いよな
桐谷さん可愛い

42: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:55:38 ID:exi
>>39
可愛い上に料理もできるという高スペック

21: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:39:57 ID:exi
双亡亭壊すべし 藤田和日郎 既刊 ~10巻 週刊少年サンデー(小学館)

都内に存在する幽霊屋敷『双亡亭』は行方不明者が出たりと奇妙な噂に溢れていた。
絵本作家を目指す主人公はある時、その双亡亭の一角に引っ越してきた少年と知り合うが……。
アニメ化が決定している、からくりサーカス作者の最新作。めっちゃホラーテイストやんけ!
と思ってたらそれ以上に設定・伏線が凝ってるし、面白い。双亡亭は絶対に壊さなアカン。ワイもそう思います。

22: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:40:48 ID:BvB
からくりサーカスではなく?

24: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:41:46 ID:exi
>>22
からくりサーカスはワイがわざわざオススメせんでも色んな人がオススメしてるからええかなって……

23: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:41:12 ID:exi
ハクメイとミコチ 樫木祐人 既刊 ~6巻 ハルタコミック(KADOKAWA)

身長9センチメートルの小人である二人の女の子の日常を綴る。
家事をしたり仕事をしたり、遊んだり。小さな世界はとっても大きいのです。
アニメ化された作品。ほんと日常系なんやけど、作者の目の付け所がすごく良くて読んでて引き込まれる。
夜汽車の話や廃墟の話、挙げていけばキリが無い程。アニメにない話もあるので是非。

25: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:42:27 ID:exi
保安官エヴァンスの嘘 ~DEAD OR LOVE~ 栗山ミヅキ 既刊 ~5巻 週刊少年サンデー(小学館)

とある西の荒野に最強のガンマンがいた。彼は悪を懲らしめる保安官。
金にも名誉にも興味を持たず、ハードボイルドに彼は生きる。そう、全てはモテるために。
いや、設定的には普通モテるはずやろ? 最強のガンマンやぞ。それでも彼女いない歴=年齢の男の話。
人間臭い葛藤や見栄が光る漫画。全て親父が悪い(断言)。あぁ^~オークレイ可愛いんじゃ^~。

27: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:43:22 ID:i0K
>>25
これWEBのサンプルで読んだけどそこそこ面白かった

28: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:44:39 ID:exi
ゴールデンゴールド 堀尾省太 既刊 ~4巻 月刊モーニングtwo(講談社)

瀬戸内海の孤島に住む主人公は、知り合いの男の子に片思いを抱えながら平凡に生きていた。
そんなある時、海辺で不思議な置物を拾う。その置物を祠に置いて祈りを捧げると、突如様々な異変が起きていく。
同作者の『刻刻』の突然のアニメ化には草生えますよ。祈りを捧げてから、急速に変わっていく人々と周りの環境。
知っている人がいつの間にか変質する恐怖。置いていかれるような恐怖。明確なホラー描写なんてほとんど無いはずなのに、凄く怖い。

108: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)21:52:44 ID:v7d
>>28
これもっと評価されて欲しい
タイトルがゴールデンカムイと似てるからより目立たないんやと思う

29: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:46:13 ID:exi
うえきの法則 福地翼 全16巻 週刊少年サンデー(小学館)

中学生の主人公は、自分よりも人を助けることが出来る男の子。そんな正義を担任の先生に見込まれる。
力を与えられた主人公は、同じように力を与えられた中学生たちと戦っていく能力バトル漫画!
能力バトル漫画とその設定を描かせたら、素晴らしくワクワクさせてくれる作者の第一作目。
そして誰しもが覚えていなかった設定をしっかりと活かすセンス、ほんと素晴らしい。+は……ラストはすき。

30: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:47:17 ID:exi
きっと可愛い女の子だから 柳本光晴 全1巻 アクションコミックス(双葉社)

クラスで孤立しているオタク少女。行き遅れた堅物女教師。オシャレのオの字も知らない地味な女の子。
きっと主人公にはなれない脇役の女の子たちの可愛いところを描いた作品。
『響』で一躍有名になった作者の短編集。この作者が描く女の子って本当はめちゃくちゃ可愛いんやで。
それを余すことなくぶち撒けた作品。性格悪くても顔が良くなくても、可愛いところはどこかにあるんや。

69: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)21:07:16 ID:jGe
>>30
これ持ってるけどこの作者妙に生々しい描写入れてくるから苦手やねん
女の子が死ぬ話のラストとか

75: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)21:10:17 ID:exi
>>69
生々しいというかリアリストというか
ワイはそこがすきなんや

31: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:48:34 ID:exi
Dr.STONE 稲垣理一郎×Boichi 既刊 ~7巻 週刊少年ジャンプ(集英社)

世界は突如として静止した――不思議な光りに包まれると、全世界の人間たちは石化してしまう。
それから永い永い時が流れ、一人の男が動き出す。あらゆる文明が還ってしまった世界で、彼は科学を為す。
主人公の『科学は地道な探求』という持論と同じように、クッソ地道に一つ一つ話は進む。チート要素は主人公の頭の良さだけ。
でもそれは全て彼の努力が成したもの。物事にしっかり説明が付くから知識漫画としても凄く面白い。熱い漫画。

32: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:49:29 ID:pwG
>>31
これすき

33: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:50:15 ID:exi
僕たちがやりました 金城宗幸×荒木光 全9巻 週刊ヤングマガジン(講談社)

高校生の主人公は友人二人とOBに囲まれ、平々凡々でそこそこ楽しい日常を送っていた。
友達の一人がヤンキー高校の生徒に目をつけられ、ボコボコにされてしまう。彼の為に仕返しをすることにした彼らだったが……。
クズしかおらんやんけ! でも面白い。人の醜さや本性、哀しい一面がこれでもかと描かれてる。
ドラマ化もされた作品。最終巻ラストシーンにアレを持ってきた原作者と、その絶妙さを描いた作画担当はほんと凄いと思う。

64: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)21:04:58 ID:SLP
>>33
これおもろかった

34: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:52:08 ID:exi
恋は光 秋★枝 全7巻 ウルトラジャンプ(集英社)

大学生の主人公は人とは違う体質を持っていた。それは恋をしている女性がキラキラと輝く姿で見えるということ。
ある講義の時、彼は隣に座った女性が気になり声を掛ける。彼女は恋物語を読んでいたのだ。恋というものを知りたくて――
比喩でも何でもなく、実際に光って見える主人公と彼を取り巻く女性たちの物語。そう、光り輝く素晴らしきラブコメや。
恋は光、その『光』とは何なのか、すなわち『恋』するとはどういうことなのか。言葉の力を持って表す、そんな作品。

37: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:53:26 ID:exi
ARMS 七月鏡一×皆川亮二 全22巻 週刊少年サンデー(小学館)

東京都のとある都市に住む高校生の主人公は幼い頃に事故に合う。その時から、彼の右手は怪我がすぐ治る体質になってしまった。
そんなある日、彼の学校に一人の転校生がやってくる。それが全ての始まりだと、彼はまだ知らない。
不朽の名作で、王道能力系バトル。皆川ワールドの全てが表現されている。今読んでも、何度読んでも面白い。
そんでクッソ熱いシーンがめちゃくちゃ多い。「力が欲しいか!! 欲しいのならば……くれてやる!!」

40: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:54:50 ID:exi
サバゲっぱなし 坂崎フレディ 既刊 ~3巻 月刊サンデーGX(小学館)

退屈な日常を過ごす主人公は刺激が欲しかった。そしてある日、訪れたバーにて二人の女生と出会う。
彼女らから刺激が欲しいなら、是非と誘われる。BB弾が飛び交う、あのサバイバルゲームへ。
紹介系漫画の中でもめっちゃレベル高いし面白い。読めば絶対にサバイバルゲームしたくなる、素晴らしき趣味漫画。
サバイバルゲームへ実際に行くとまではいかなくても、エアガンの一挺くらいは欲しくなる。コマ割りや表現が少し特徴的かも。

43: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:56:07 ID:kMR
>>40
この作者は艦これ界隈の方が有名かも

50: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:58:00 ID:exi
>>43
史実で艦これやっけ
サバゲっぱなしもノリは同じ感じで進むで

47: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:56:57 ID:exi
空電ノイズの姫君 冬目景 既刊 ~2巻 月刊バーズ(幻冬舎)

高校生の主人公はギタリストの父親と二人暮らし。幼い頃から彼女は、父のギターを使って演奏していた。
そんなある日の教室から、美しい歌声が聞こえてくる。中を覗くと、そこには美少女がいた。
『イエスタデイをうたって』の冬目景の最新作。まだ2巻までしか出ていないが、間違いなく続きが読みたくなるゾ。
冬目景持ち味の、良いキャラ付けが改めて分かる作品。月刊バーズ無くなってカナシイ……カナシイ……。

91: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)21:24:12 ID:iAQ
>>47
間違いなく休載(中断)するゾ…

92: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)21:26:47 ID:exi
>>91
3巻出るのは決まってるらしいから……

48: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:57:23 ID:i0K
巻数が少ないとネカフェとかに出回ってないのが難点やない

51: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)20:58:28 ID:exi
百万畳ラビリンス たかみち 全2巻 ヤングキングコミックス(少年画報社)

昔の経験から人と関わるのが苦手な主人公は、ルームメイトと共にゲーム会社でバグ探しのアルバイトをしていた。
ある日気が付くと、行けども行けども同じような部屋が続く迷宮に迷い込んでいた。
某有名ロリ雑誌の表紙を描く、たかみちの漫画作品。不思議な世界から脱出するだけの漫画やったなら、まあ紹介しなかったと思う。
そしてこの作品はそれに留まらない。何故こんな世界にいるのか? 何故こんな世界があるのか? 名作です。

55: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)21:00:30 ID:exi
ハチワンダイバー 柴田ヨクサル 全35巻 週刊ヤングジャンプ(集英社)

主人公はプロ棋士養成機関である奨励会の元会員。年齢制限で退会となった彼は、市中の将棋道場で小銭を稼ぐ。
まるで殴り合いのように表現される描写から、将棋アクション漫画とまで呼ばれる作品。
正直、そんなに将棋に詳しくなくても大丈夫。むしろそんな風にこの漫画は描かれてる。柴田ヨクサルやしな。
一から百まで熱い描写しかない、マジで。だからこそ面白い。将棋指そうぜ!

57: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)21:01:31 ID:sMR
双亡亭は巻を追うごとに面白くなるというか、ジワジワ引き込まれるようになるわ
凧葉の創作観、人間観が熱くてすこ

60: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)21:03:03 ID:exi
>>57
凧葉が出てきたときの安心感よ

58: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)21:01:40 ID:exi
名探偵マーニー 木々津克久 全11巻 週刊少年チャンピオン(秋田書店)

探偵業を営む父を持つ女子高校生。彼女も父と同じように友人たちから依頼を受けていた。
自前の常人離れした集中力と父譲りの推理力を用いて今日も不思議な事件を解決していく。
これもオムニバス形式の作品。ミステリーなんやけど、トリックよりも渦中の人間に対して焦点を置いている作品。
人には願望があり、それを叶えるために行動する。その動機が理解されなくても、彼らにとっては大切なんだよなあ。

61: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)21:03:35 ID:VUU
>>58
この作者はフランケン・ふらんの方が好きやったなあ
マーニーも好きやけどさ

62: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)21:04:08 ID:exi
トライガン 内藤泰弘 全3巻 トライガン・マキシマム 全14巻 ヤングキングアワーズ(少年画報社)

地球から出立した移民船団は、砂だらけの荒涼な大地に辿り着く。星は銃と暴力に支配されながらも、人々はタフに生きていた。
そんな世界の中にたった一人だけ、ラブアンドピースを唱えながら旅をする男がいた。
名作中の名作中の名作。弾丸に貫かれても、信念を貫き続け生きる主人公の姿は誰よりもカッコいい。
家族には愛を、隣人には敬意を。完全版が出て手に入りやすくなったので、読もう!

68: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)21:06:45 ID:exi
藤子・F・不二雄異色短編集 藤子・F・不二雄 全4巻(文庫版) 小学館文庫(小学館)

SF的手法、社会風刺を用いて表現される藤子・F・不二雄ワールド。
ちょっと変わった世界、近未来の世界はもしかしたら現実でも起こり得るかもしれない。
ぶっちゃけワイが紹介するより読んだほうが早いレベル。F先生の頭かっ開いてどうやって思い付いているのか知りたい。
F先生が天才と呼ばれる所以がよく分かる作品集。ワイはノスタル爺が一番すき。少年SF短編集もあるので、そちらも是非読めや。

71: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)21:07:43 ID:kMR
>>68
これは名作

72: 名無しさん@おーぷん 2018/09/30(日)21:08:57 ID:exi
今回はコレで終わりや
次は41~60選溜まったらまた紹介する
よかったら見てくれや

シェアする

スポンサーリンク

スポンサーリンク