怖い夢を見たので語る

スポンサーリンク

スポンサーリンク





1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:09:42 ID:P77

ワイは旅行先の都会で
予約してるホテルを探してた。

クッソでかい駅のなかで目当ての出口を
延々と探していたが、みつからない

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1521558582/

2: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:10:51 ID:P77
あっちこっち歩いて
ここもちがう、あそこもちがう
ってしてると、知り合いの車が目の前に止まって
ワイに乗れと呼び掛けた

3: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:11:03 ID:E9H
no title

4: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:11:48 ID:E9H
no title

6: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:13:10 ID:P77

○○に行きたいんだけど、
と言うとオッケーオッケーと返す。

車には他にも人が乗ってて知人のほかに
男と女が一人ずつおった。知らんやつらやった

8: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:14:44 ID:P77

オッケーとは言うけど
知人もワイと同郷やのにこの土地知ってんのか?

と考えていると案の定、車は
都会から離れ山の中に入っていく。
しかもいつの間にか夜になっていた

10: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:16:43 ID:P77

「おいここであってんのか?」
と聞き返すも「大丈夫」としか返ってこない。
男と女と知人は何かのグループらしく
ワイをおいてお喋りで盛り上がっていく。

車は夜の山道をすすむ

11: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:17:34 ID:fFN
不穏

13: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:18:34 ID:P77
やがて木々が消えて、
すっぱり空が開けた砂利だらけの土地にでる。
そして右手の方向にでかい天守閣がある。
あちこちに光がともっていて、
どうやらホテルらしい

14: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:21:49 ID:P77

とはいえ明らかにこれは
ワイのホテルではない。しかし連中はご機嫌で
天守閣を見つめて歓声をあげる。

砂利だらけのなんもないところに停まる。
みんなおりだして、しかたなくワイもおりる

15: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:23:18 ID:0Rc
どえらいほてるやな

16: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:23:43 ID:P77

月明かりと天守閣の明かりの砂利道を歩く。
けっこう広くて四人は適当に喋りながら進んだ。

しかし、辺りには他の車も
他の人間もいない。四人だけ。

18: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:25:47 ID:P77
しばらく歩くと
トンネルというか洞窟というか、
とにかく地下に続くどてかい穴が
歩いて入っていけるようになだらかな
下り坂に続いてどーんとあった。

19: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:26:39 ID:P77
知人その他の様子は、
「そうそうここにはいるんやで」というふう。
わいもそこに入っていった。

21: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:28:54 ID:P77
トンネルの中は暗いもののなんとなくは歩けるほど。
目を凝らすとよくわからん
粗大ゴミみたいなんがあちこちで
山を作ってる。四人はそれを避けながらすすむ。
もちろんここを抜けたら、天守閣に着くと
ワイは思っていた。

22: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:30:55 ID:P77
粗大ゴミをしっかりめに見直してみると
なんかのキャラクターの看板とかでかい犬の顔とかで
どうやら遊園地かなんかの古いゴミをそのまま
放り込んだ様子で、若干ヤバさを感じ始める。

23: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:32:42 ID:P77
女が突然「私行ってくる!!!!」
と叫んでトンネルの奥、闇の中に飛び込んでいく。
残りの知人と男もペースは変えずに歩いて
踏み込んでいく。

24: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:36:04 ID:P77

いつのまにかワイは一人になっていて、
それでも歩いて天守閣を目指した。

しかし目の前に光が届かんくらいに闇が深くなって、
一瞬びびって足が止まったとたんに
この場所がいよいよおかしいものに感じられた

25: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:40:12 ID:P77

そこでふと、
(ちゃうやん! 自分のホテル探さないと!)
と思い出して、振り向いてトンネルを引き返そうと
した。

ここに居たくないと思った瞬間、
身体中に鳥肌が立った。自分が、
ほとんど真っ暗でゴミだらけのあなぐらを
ふらついてるという異常な状況に気づいた。

26: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:41:58 ID:P77

なぜか早歩きでトンネルから抜け出した。
(走ったらなにかに見つかる気がした)

砂利道に戻ったとこで、
本気で走り出して、車まで一気に逃げる

27: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:44:17 ID:P77
車のとこまでくると、
近くにあったはずの天守閣がなくなってて、
更地になってるのが見えた。
建物そのものが消えている。それでも
あの明かりだけはぼんやり残ってる感じ

28: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:45:37 ID:P77
すぐに知人と男も走って戻ってきて
青ざめながら「ヤバい、ヤバい」を繰り返す。
三人だけで車にのって、走り出した。

30: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:46:35 ID:ark
怖いンゴ

31: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:47:51 ID:P77

走る車から天守閣の跡地のほうを見ると、
残されてたはずの女が一人だけ立ってて
なんもないところをあちこち見ながら
「お殿様~、お殿様~、ごちそう~」
と叫んで笑ってるのが見えた。

それについて三人はなにも言わずに
車で逃げた。

おわり

32: 名無しさん@おーぷん 2018/03/21(水)00:50:31 ID:o7o
ヒェッ

シェアする

スポンサーリンク

スポンサーリンク